ホーム

低金利キャッシングって?

読了までの目安時間:約 2分

給料日前にお金が足りなくて生活するのが難しいなという場合、日時や時間帯に問わず気軽にできるという理由でキャッシングすることがあり、時間が経ち返済する立場になりますと借りたお金だけではなく、その日数分付くことになる金利が高いと他のことに使うことができるのにとつい思ってしまいます。確かにキャッシングの金利は高く、キャッシングをしている合計金額によっては金利分も数字になって表示されてしまいますので、どうしても金利の低いところを利用したくなりますよね?低金利のキャッシングを狙っている人は、今まで利用していない金融機関を選びキャッシングの申請をする方法もあります。金融機関によって期間限定のキャンペーンや初回利用者のみの特典があり、それも目的に新規の顧客が契約し利用することもあります。その時に無利息で借りることができるというキャンペーンをおこなっている所を選び、契約することで返済時の利息が付かないようにすれば通常付いてしまう利息もなく、その分趣味や生活費などの別の使い道へと回せばいいのではないでしょうか。ただし申請する時に他の金融機関にてキャッシングしている場合や、遅延履歴がある時には審査が通らないこともありますのでその点のみご注意下さい。

即日振込のキャッシングを教えて!

読了までの目安時間:約 2分

数日前からお金が足りなくなるなという感じで把握していることではなく、当日になって急にお金が必要になったということが多いです。お金が必要で人に借りに行きますと、相手に何か先入観を持たれてしまうのも嫌ですし親や親せきなどから借りた際にも、説教や小言を言われるのも嫌だなと感じます。なので人に迷惑を掛けないで少しでも早く返済できる程度のお金が欲しいことから、キャッシングの申請をしに行きます。しかし新規で申し込む場合には審査もあり、融資を受けるまでに時間も掛かりますので、なるべく早い時間帯にて申請して欲しいですね。例えば午前中にキャッシングの申請をすれば、融資受けるまでの時間も含め余程のことがない限り即日振込も可能なので、当日にお金が必要な場合にはなるべく早い時間帯でキャッシングをして下さい。また新規の場合は、書類の記入や自分証明書など必要な書類等を持参しなくてはならなく記入漏れや書類を忘れてしまいましたら、その分時間をロスしてキャッシングできる時間も限られてしまうことにもなりますので、初めてキャッシングする時には利用したい金融機関にて指定されている持ち物のチェックや記入した書類の確認をしておきましょう。

キャッシング対応ATMってどこにある?

読了までの目安時間:約 2分

どこの業界でも同じことですが、新規の顧客や普段から利用している顧客のニーズに応えるために金融機関も色々なサービスや利用しやすいように工夫しています。その努力もあり、キャッシングでもいちいち店舗に向かって申請するのではなく顧客がいつでも利用することができるように、店舗が設置しているATMや提携先のコンビニのATMでも利用することができるようにし、夜遅くでも簡単にキャッシングの対応することができます。コンビニですと24時間営業しているところがほとんどなので、仕事が終わるのが遅く財布の中身の残金が少なくなってもいつでもキャッシングすることができます。なので終電がなくなってもお金がないからという理由で暗い道のりを歩くこともなく、補充したお金でタクシーで帰宅することもできますのでとても便利ですね。またコンビニだけではなく提携している銀行のATMでも利用することができますので、店舗に入ってキャッシングするのに抵抗がある時でも、銀行のATMでしたら人の目や知っている人に出会っても罪悪感や余計な詮索もされることなく、安心して利用することができます。人によって色々な事情を抱え、店舗にて直接キャッシングすることが難しいこともありますので、その時には提携先のATMにて利用してみて下さい。

キャッシングの利息計算ってどうやるの?

読了までの目安時間:約 2分

借りたお金を返済する時に、融資を受けている金融機関が設定した利息を加え合計金額で返しますが、指定された利息の数字が細かく計算するのが苦手な人にとっては、合計いくら用意すればいいのか分からないことがあります。大体の金額を用意すればいいのですが、キャッシングしている時点で経済的に余裕がないこともあり前もって利息の計算を知っておけば、後々面倒なことが少なく便利です。利息出し方は借りてから返済するまでの期間によって異なり、1年間そのままの金額を借りていた場合には、指定された数字のまま掛け算をすれば利息の金額が出てきます。ただそんなに長く借りっぱなしにはしないので、返済期間に合わせ借りた金額と金利の数字、1年=365日と借りている日数をそれぞれ分けて掛け算をしてから、それぞれの合計金額を割り出した数字が利息となります。例えば30日後の返済予定で10万円借りて利息が5%だったとしたら、10万円×0.05÷365×30日という数式で、その答えが410円となります。なので410円が利息として、一緒に支払わなくてはならないです。数式に合わせて計算をしなくてはならないので面倒かと思われますが、慣れれば数分で分かることなので知っているのと知らないのでは金利の大きさの実感度合いが変わりますよ。

キャッシングの返済方法を教えて!

読了までの目安時間:約 2分

キャッシングをしたからには期日内に返済することが義務とされ、昔なら金融機関に行ってお金を返していましたが、利用している顧客の中には仕事や家庭の事情などで直接返しに行くのが難しいことや、キャッシングする為に出入りしていることを知っている人に見られたら嫌だなと思うことがあり、そういう要望や時代の流れに応え現在ではお客様が指定した金融機関の口座から引き落とすことや、提携している金融機関のATMやCDから返済することも可能です。またコンビニに設置しているATMからでも、キャッシングしたお金を返済することができます。指定した銀行口座での引き落としやコンビニのATMで返済されることができるなら、いちいち利用している金融機関に出向くことなく済ますことができますので、安心して利用することができますね。しかし利用している金融機関によっては、取引きすることができる銀行口座やATMも限られてしまうことがあります。そうなりますと一番困ってしまうのは自分なので、都合があり利用する時間帯も限られてしまう場合には、前もって取引きの際に使うことができるATMや提携先の金融機関も調べて確認しておきましょう。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報